カテゴリー
タックル

釣行後ルアーに残る塩分の話

ほとんどの人が使ったルアーを釣行後に水で洗っていると思うが果たしてその洗い方で大丈夫だろうか?

僕の場合、釣行後に自宅で必ずその日のうちに水洗いしている。洗面所でシャワーを使って水を念入りに掛けて洗っていた、つもりになっていた。

ある日何気なくルアーのアイを見ていると白っぽい塊が付いているのに気付いた。

あれ?これ塩か?

水洗い後ルアーのアイに残った塩分
水洗い後ルアーのアイに残った塩分

試しに指にとって舐めてみると辛い。間違いなく塩だ。

正直自分のルアーの洗い方で問題ないと思っていた。この塩分を見るまでは。

シャワーで結構しつこく水をかけていたつもりだったのだけど、実際には塩分が流れ切っておらずアイの付け根に残っていたようだ。

基本的にアイはステンレスなので錆には強いが錆びないわけでは無い。塩分がのこったまま時間が経つとやはり錆が発生してしまう。

表に見えてる部分が錆びればまだ良いが、付け根からルアー内部に侵入した塩分による錆は外から見ることができないため非常に厄介だ。その錆が時間をかけてステンレスを腐食させ、いずれ高い負荷が掛かったときに破損するかもしれない。

結局、自分のルアーの洗い方が間違えていたというだけの話だが、似たような洗い方で終わっている人も多いと思うのでこの話を知見として共有させてもらいたい。

ルアーの洗い方についてはこれを教訓に今一度見直してみようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。