カテゴリー
釣りのTips

タックルを地面に置くときはこうすればリールが傷付かない

タックルを地面に置くことってあると思うけど案外何も考えずに置く人も多いような気がする。特に魚が釣れて慌てているときとか。

特に釣りを始めたばかりの初心者は無造作にタックルを地面に置いてしまい、リールが傷だらけになることがあると思う。

タックルを地面に置くときはこれだけ気を付ければリールの最も大事な部分(ベール・スプール)が絶対に傷付くことは無いので是非参考にしてほしい。

リールのベール、スプール、ラインローラーはラインが直接触れる最もデリケートな部分と言える。ラインローラーは地面で傷がつくことは無いけど、ベールとスプールは硬い地面に当ててしまうと簡単に傷がついてしまう。

タックルはハンドルを地面側に向けて地面に置こう

タックルを地面に置くときはハンドルを下向き(地面に接するように)にするとベールとスプールが絶対に地面に触れない。

こんな感じだ。

タックルを地面に置くときはこうしよう
タックルを地面に置くときはこうしよう

右巻きでも左巻きでも同じ。とにかくハンドルを地面に当たるようにタックルを置く。こうするとハンドルの高さのおかげでベールスプールは地面に絶対に付かない。

この置き方の利点は他にもある。ハンドルが固定されてベールが不意に回って地面にカツっと当たることも無く、さらにはロッドのガイドも必ず上を向くのでガイドが傷付くこともない。

ロックショアドリームへ挑戦
地面にハンドルを固定すればベールもスプールもロッドガイドも傷付かない

一つだけ頭に入れておいてほしいのがハンドルを地面に当てて固定するのでハンドルキャップに当然傷が付く。これは避けられない。ただ、ハンドルキャップはリールの性能に影響がないのと、交換部品としても安いものなので僕は傷だらけになっても気にしない。

単純なことだけどこれを守るだけでリールもロッドも長く使うことができるので是非参考にしてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。